Irish Music

シリアルがいっぱい

こちらもB&Bの朝食。
大きな本が並べてあるのかと勘違いしてしまいました。(左側にまだ続いてます!)

シリアルがいっぱい

アイリッシュ ブレックファースト

リマリックのB&Bの朝食で初めて食べました。
一度食べてみたかったんです!
カリカリベーコンにソーセージに半熟目玉焼き、美味しいに決まってます。

アイリッシュ ブレックファースト

パイパーの椅子

イーリアンパイプスを演奏する時、椅子の高さが大変重要なんだそうです。
そこでジェラルドさんは、自宅から椅子を持参されました。

パイパーの椅子

バウロン

裏の金具で皮の張り具合を調整出来るバウロン、やっと手に入れました!
ヤギの皮の滑らかな手触りと低音の響きに大満足です。

バウロン

国旗の色

緑色は「古来のゲールの伝統・カトリック」
橙色は「オレンジ公の支持者・プロテスタント」

白色は「両者の永久的休戦」

国旗の色

グローニャ・ハンブリーさん

守安さんとの共演で何度も来日されています。
彼女が奏でるハープの音色、是非聴いて頂きたいです。
美しくて、軽やかで、繊細で、力強くて、聡明で......とにかく素晴らしいです。
守安さんが共演されるのも納得です。
本番前の楽屋でグローニャさんの隣りに座ってお茶を頂きましたが、彼女の手が小さくて意外でした。

グローニャ・ハンブリーさん

守安 功さん

言わずと知れた日本を代表するアイリッシュフルートの演奏家です。
とーっても偉い方なのにとーってもフレンドリーな方で、いつも心暖まるメールを下さいます。

守安 功さん

ハイクロス

十字架とドルイド教の太陽を表す円を組み合わせた形です。
イニシュモア島の朽ち果てた教会に残っていました。

ハイクロス

私のアランセーター

淡いピンク色のジョンモロイのセーターです。
革ヒモがアクセントになっている、珍しいデザインです。

私のアランセーター

ハニカム・ケーブル・ダイヤモンド

アランセーターの模様には、編み手の思いが込められています。
安全・家族の健康・繁栄・成功......など。
でも何よりも「無事に私の元に帰って来て」......ではないでしょうか。

ハニカム・ケーブル・ダイヤモンド

previous page 1  2  3  4  5  6