Blog

若者バージョン!?

随分洒落た若いレプラコーンが、太陽電池で動くおもちゃになって売られていました。
眼鏡をかけて、パイプまで持っています。

若者バージョン!?

ペロペロキャンディー

ローマ法王がアイルランドを訪れました。
1979年以来ということもあり、演説する広場では50万人に対応出来るように準備が進んでいました。
日本でいう100円ショップには、こんな商品が売られていました。

ペロペロキャンディー

旅の記憶を持ち帰って・・・

2回目のレコーディングでした。
すんなりいく曲もあれば、難航する曲もありで、次回までの宿題です。

旅の記憶を持ち帰って・・・

シャムロック

高温が続いたり、4週間も雨が降らなかったりで大変だったそうですが、足元を見て安心しました。
「エメラルドの島」に、なくてはならない大事な植物です。
また会う日まで!

シャムロック

ニコラス・モスの工房へ

日本の萩焼きを学んだ経験のあるニコラス・モス氏が造る食器は、どれも愛らしく日本でも人気があります。
リンゴや草花、動物や風景を描いた作品は、素朴な風合いで、手に馴染みます。
選ぶのに迷いましたが、私も幾つか購入しました。
工房にいらしたニコラスさんとも写真を撮ってもらえ、ラッキーでした!

ニコラス・モスの工房へ

約4.5㎏を毎日、毎日・・・

ジャガイモ飢饉についての特別展へ行きました。
実際に当時のアイルランド人が1日に食べていたジャガイモの量が実物で展示されていましたが、バスケット一杯、これを毎日・・・。
写真と解説、映像資料もあり、見応えありました。

約4.5㎏を毎日、毎日・・・

テイトーパークへ!

ライブで度々お話している「テイトーパーク」に行って来ました!
この中での出来事は追ってお伝えしますね~。

テイトーパークへ!

ニューグレンジへ

世界遺産のニューグレンジ。
最近になって新たな発見もあったそうで、学術的にも注目されています。
約5000年前に刻まれた3つの渦巻き模様を見に、この遺跡の中に入ります。

ニューグレンジへ

タラの丘へ

アイルランド人の心の故郷でもある、タラの丘へ。
小高い丘に上ると、360度ぐるりとアイルランドを一望出来ます。
この石と石碑がひとつあるだけのシンプルな場所ですが、古代ケルト人と同じ風景を眺めていると思うと感慨深いです。

タラの丘へ

工事が終わり・・・

2年前のダブリンは、街の至るところが工事中でした。
ご覧の通り、路面電車のルアスの線路が完成し、移動が更にスムーズになりました。

工事が終わり・・・

previous page 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11