Blog

帰り際に

アイルランド語のレッスンでした。
先生を駅まで送る準備をしていた時に、「妖精のドア」のことを思い出しました。
「このドアを開けて、妖精が遊びに来るかもしれません。」
「おぉ~! ほんとですか~!?」
そうだといいんだけどなぁ・・・。

帰り際に

more entries